サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
PR

【投資信託】売買単位は証券会社によってだいぶ異なりますね

a0001_017605.jpg 


楽天証券に投資信託の移管について問い合わせました。


SBI証券にて購入済みのニッセイ 外国株式インデックスファンド
金額買付、口数買付の投資信託が移管出来るのか否かについてです。

結果は両方移管OKとの回答でしたが、楽天証券での売買単位はSBI証券とは異なるんですね。

【投資信託】楽天証券で口数買付の選択肢がなかった

a0001_014254.jpg

明けましておめでとうございます。

新年早々、投資信託の買い替えを予定して行動してました。いやしようとして、思いとどまりました。
内容はSBI証券から楽天証券への乗り換えです。
ところが、楽天証券では口数買付出来ない事実に、注文画面で初めて気づいて、今回の買い替え計画は取りやめました。

【悲報】マネックス証券 マネックスポイント改悪に絶望した

早速、マネックスポイントの改悪がきたーーー。
もう予想通りですね。絶望です。悪夢です。

ニッセイの投資信託である<購入・換金手数料なし>シリーズがポイント対象外になってしまいます。

※以下は、マネックスポイント付与の対象外です
【投資信託保有時】
・ MRF、MMF、外貨建てMMF
・ ニッセイ日経225インデックスファンド
・ eMAXISシリーズ(三菱UFJ国際投信)
・ <購入・換金手数料なし>シリーズ(ニッセイアセット)
(2015年12月1日よりマネックスポイント付与の対象外となります。)


これでマネックスへの移管は候補から外れました。
残るは楽天証券だけですね。果たして楽天証券は継続するでしょうか。

比較的負担が低い(0.048%/年)のと、4大ネット証券で唯一の投資信託の優位性なので
その他サービスでの差別化の余地が少ないことを考えると、楽天証券は継続して一人勝ちに突き進むことも考えられますね。

楽天証券も対象外にしたら、純粋に使い勝手だけで選ぶことになりますね。それならSBI証券のままでいいかなと考えてます。
年末にかけてのインデックス投信とネット証券の動きを見つつ、今後の方針を考えようかなと思います。


【悲報】SBI証券 投信マイレージ改悪に絶望した

恐れていたSBI証券 投信マイレージ改悪されるようですね。

対象外の投資信託が以下になってます。いつ更新したんだ?

・ ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(2015/11/21分から適応)
・ ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド(2015/11/21分から適応)
・ ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド(2015/11/21分から適応)

・ EXE-i 先進国株式ファンド
・ EXE-i 新興国株式ファンド
・ EXE-i グローバル中小型株式ファンド
・ EXE-i 先進国債券ファンド
・ EXE-i グローバルREITファンド
・ MMF、中国F、MRF
・ 外貨建MMF
・ ETF、REIT
 
ニッセイ外国株式インデックスファンドが対象外になってしまいました。 絶望した。。。

早速乗り換え先探しです。
購入できるネット証券とキャッシュバック率は以下。

株式会社SBI証券 0.24%
カブドットコム証券株式会社 0.24%
マネックス証券株式会社 0.08%
楽天証券株式会社 0.048%

SBI証券同等のカブドットコム証券の対象外は

朝日ライフ 朝日ライフ 日経平均ファンド
SBI EXE-i グローバル中小型株式ファンド
SBI セレブライフ・ストーリー2025/2035/2045/2055
DIAM DLIBJ 公社債オープン(短期コース)
DIAM DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
大和 ストックインデックスファンド225
大和 ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)
T&D 225インデックスファンド
日興 インデックスファンド225
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ Jリートインデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
ニッセイ ニッセイ TOPIXオープン
ニッセイ ニッセイ 日経225インデックスファンド
ニッセイ ニッセイ日本インカムオープン
ニッセイ ニッセイ日本インカムオープン(年1回決算型)
野村 野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)
ブラックロック i-mizuhoインデックスシリーズ
みずほ MHAM株式インデックスファンド225 
みずほ MHAM 株式オープン
みずほ MHAM 物価連動国債ファンド
三井住友トラスト SMTインデックスシリーズ
三井住友トラスト 世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
三井住友トラスト 外国株式インデックスe
三井住友トラスト 外国債券インデックスe
三井住友トラスト 日本株式インデックスe
三井住友トラスト 日本債券インデックスe
三菱UFJ国際 インデックスファンド225
三菱UFJ国際 インデックスファンド・シリーズ“eMAXIS(イーマクシス)・eMAXISプラス”
三菱UFJ国際 三菱UFJ 純金ファンド
三菱UFJ国際 マネーコース
三菱UFJ国際 システム・オープン
三菱UFJ国際 ジャパン・ソブリン・オープン
三菱UFJ国際 ジャパン・ソブリン・オープン(資産成長型)
明治安田 明治安田日本債券ファンド

やっぱだめだ。しかも対象外多すぎ。

次、マネックス証券の対象外
・ MRF、MMF、外貨建てMMF
・ ニッセイ日経225インデックスファンド
・ eMAXISシリーズ

おっ行けるじゃん! ニッセイ日経225が対象外なので、対象外に追加される日も近いかもしれません。

最後に楽天証券の対象外は
公社債投信、MRF、MMF、外貨建てMMF 

あれ?これだけかな。
乗り換え先は、マネックス証券か楽天証券になりそうです。

どちらも投資信託の振替移管に1銘柄ごとに3240円(税込)の移管手数料がかかるようです。
移管直後に対象外にされると移管手数料がイタイですね。

時々行われる移管キャンペーンを待ったほうがいいですかね。

参考 過去の移管キャンペーン