サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記  >  証券会社 >  【投資信託】売買単位は証券会社によってだいぶ異なりますね
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【投資信託】売買単位は証券会社によってだいぶ異なりますね

a0001_017605.jpg 


楽天証券に投資信託の移管について問い合わせました。


SBI証券にて購入済みのニッセイ 外国株式インデックスファンド
金額買付、口数買付の投資信託が移管出来るのか否かについてです。

結果は両方移管OKとの回答でしたが、楽天証券での売買単位はSBI証券とは異なるんですね。

各証券会社での売買単位は以下になってます。

ニッセイ 外国株式インデックスファンドの場合
 たわらノーロード先進国株式も同じ

【SBI証券】
買付単位
金額:1万円以上1円単位
口数:1万口以上1万口単位

売却単位
金額:1円
口数:1万口

【楽天証券】
買付:1万円以上1円単位
売却:1口以上1口単位


SBI証券では金額買付分の売却は金額単位のみ
口数買付分の売却は口数単位のみ(しかも1万口単位)

楽天証券は金額買付のみで口数売却のみ

2社を使い分ける予定ですが、しばらく注文時に混乱しそうです。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。