サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  インデックスファンド比較 >  【純資産】たわらノーロード日経225 vs 日経225インデックスe( ゚∀゚ )
PR

【純資産】たわらノーロード日経225 vs 日経225インデックスe( ゚∀゚ )

divorce-156444_960_720.png 

ここ1~2ヶ月の間に設定された日経225インデックスの超低コスト投資信託があります。
以下の2つです。

たわらノーロード日経225

【信託報酬】0.195%
【販売会社】
・カブドットコム証券
・楽天証券
・マネックス証券

日経225インデックスe


【信託報酬】0.190%
【販売会社】
・SBI証券

販売しているネット証券が別れており対決の様相になっております。
この対決の状況を確認するために、これらの純資産の集まり具合を調べてみました。

与党 SBI証券 が一人勝ちをしているのか。
3社連合がSBI証券をけちょんけちょんにしているのか。
結果は以下です。

日経225 
 
棒グラフは純資産の差額です。

1ヶ月遅れの日経225インデックスeが急速な立ち上がり(集金、販売力)を見せて純資産の差を序盤は縮めています。
信託報酬0.005%の差が効いているのか、SBI証券の底力なのでしょうか。
ところが、ここ1週間ほど、低迷し始めてますね。
日経225インデックスeが順調に差を縮めて行くと思っていたので、意外でした。

想像ですが、
いずれ2つの投資信託は、4社全てで販売されるようになり、信託報酬がわずかながらも安い日経225インデックスeが純資産を伸ばして逆転するのでは、と思っています。

このアセットのファンドには絶対王者がいますね。
そう、グローバルソブ・・・ではなく、
野村日本株戦りゃ・・・でもなく

ニッセイ日経225インデックスファンド ですね。

純資産1000億円を擁する、期待の星!

参考記事 【純資産推移】日経225インデックスファンド ニッセイお前只者じゃないな!Σ(゚Д゚)

いつの日か追いつき追い越すことは出来るのでしょうか。


以前も書き込みさせて貰いました。

1番最初に読んだ記事がこのインデックスファンド比較シリーズでして。
インパクトが強烈すぎて…そこからサラリーマンさんのブログが気になって気になって。

普通の投資家だったら絶対にこんな対比はしないと思います…w
でもなんか気になりますもんねぇ…。

これからも更新楽しみにしています。

[ 2016/02/06 16:21 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
モコさん

コメントありがとうございます。
以前、過去記事も御覧頂いたようでありがとうございます。

> 普通の投資家だったら絶対にこんな対比はしないと思います…w

普通に投資する分にはしないですよね。
私は最近の低コストファンド頂上決戦&新進気鋭の優良ファンドの活躍(純資産の成長)を楽しんでいます。

程々の競争下で良いファンドが長く続くといいなと思います。
[ 2016/02/06 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL