サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  雑記  >  インデックスファンド >  【詳報】たわらノーロード新興国株式の信託財産留保額は(´・ω・`)
PR

【詳報】たわらノーロード新興国株式の信託財産留保額は(´・ω・`)

new 

たわらノーロード新興国株式のリーク記事が出てますね。

 参考記事 インデックス投資日記@川崎 さんのブログ記事から
        たわらノーロード新興国株式 「ネットでNISAフォーラム」DIAMブースにて準備中との発言あり

 参考記事 海舟の中で資産設計を さんのブログ記事から
        たわら新興国株式登場近い模様

2月14日のイベント内ブースで、聞いた情報らしいです。

ちなみに、私も1月10日のイベント内ブースで同様のことを聞いてました。

 参考記事 【吉報】「たわらノーロード」今年もやらかしてくれること確定!!(゚∀゚)キタコレ!!

記事では◯◯と伏せ字にしてましたが、すでにリークされたので言ってもいいだろう。。。新興国株式のことです。

ちなみに、私は新興国株式は 野村 インデックスF・新興国株式 を保有してますが、たわら待ちで新規積立保留中です。
この新興国アセットのインデックスファンドですが、信託報酬が高止まりしていることと合わせて、信託財産留保額が掛かることも、不満の一つです。

たわらから、新興国株式を準備していると聞いたときに、

ノーロードと謳っているので、信託財産留保額はもちろん 0(ノー)ですよね( ゚∀゚ )、といの一番に訊きました。

その返事は、








担当者 信託財産留保額は設定させて下さい!!

とのことでした。
ノーロードは手数料が0なので、買付手数料、換金手数料は無料ですが、信託財産留保額は手数料ではないので。。。と説明されました。

新興国は売買手数料が高く、信託財産留保額を設定しないと既存顧客に不利益になるのでと言われました。
私は、順調に純資産を集めれば、日々の資産が 買付額>解約額 となればファンド内で売却手数料は発生しないはずと言って抵抗を試みました。その返事は、信託財産留保額を低めに出来るかを検討してみます、とのことでした。

まあ、手数料ではないので無理に引き下げor撤廃されても投資家の不利益になりますからね。
出来る範囲でお願いしたいです。

さらに、 ニッセイ の<購入・換金手数料なし>シリーズの新興国はどうでるかなと話を向けてみましたが、

担当者 「ニッセイさんは新興国株式のマザーファンドないから新規に作ることになるから難しいと思いますよ」 とのことでした。

私 ( ゚∀゚ )そうなのー。

ニッセイは新興国株式のマザーファンドないんですかね。私は調べてないです。
そうなると、たわらに期待する他ない。

信託報酬はどれくらい下がるのだろう。 ニッセイというライバルの登場の心配をしていないのだから極端な低廉設定は期待できないかな。

信託報酬0.5%ぐらいがいいところですかね。
0.4%なら歓喜ってとこですかね。
0.3%(現行の半額)なら狂喜乱舞ですね。

信託財産留保額は0.3%を甘受しよう。 もしかしたら0.2%とかになるかな。。。

正式発表が楽しみです。



ちなみにTOPIXの設定についても質問しました。
そして、他のアセットについても耳にしました。
それらについては、また別記事にて。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL