サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  雑記 >  【投資方針】アクティブファンドに惹かれる最近考えたこと
PR

【投資方針】アクティブファンドに惹かれる最近考えたこと

a0003_001882.jpg 

ひふみ投信などアクティブファンドの好調な成績を目にすると、自分も投資したいなと心惹かれる最近です。

ですが、本当にポートフォリオに組み入れるべきか、考えてみました。

アクティブファンドを組み入れるとした場合、何を期待するのか。

もちろん、リターンの向上でしょう。
ただし、単に結果としてのリターンではなく、期待リターンの向上です。

そこで考えるのが、アクティブファンドを組み入れることで期待リターンは向上するのでしょうか。
おそらく向上しないでしょう。
私がインデックス投資家だから考えが偏っているのかもしれませんが、市場のリターンの平均を得るインデックス投資に対してアクティブファンドの期待リターンの方が上になる理由は無いと思います。

そして、期待リターンの向上を目指すなら、より確度の高い方法がありそうです。
期待リターン 株式 > 債券 を受け入れるなら、アセットアロケーションの株式比率を高めればいいでしょう。

投資ブログでサテライト投資として、アクティブファンドを組み入れている方を見かけますが、目的が期待リターンの向上であれば、債券割合を減らして、株式に振り向けるほうが、期待リターン向上に寄与するのではと思います。

さて私は、、、リスク資産は 株式100% です。 無リスク資産も最低限しかありません。
アクティブファンドなんかを組み入れなくても、人並み以上に期待リターンが高く、ハイリスクな投資を実行しているのだなと結論づけて、アクティブファンド購入の衝動を抑えることにします。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL