サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記  >  NISA >  【NISA】積立NISAと現行NISAの選択制をどうするか
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NISA】積立NISAと現行NISAの選択制をどうするか

divorce-156444_960_720.png
積立NISAが用意されるようですね。

現行NISAと併用になるとか。

現行NISAは年間120万円で5年間
積立NSIAは年間40万円で20年間

表にまとめると以下のようになりますかね。


現行NISA
現行NISA
 
当初2年は年間100万円でした。3年目からは年間120万円に。
10年間の各年に5年間の投資可能枠が与えられるはず。
表の縦は各年に与えられるNISA枠、横は各年の保有NISA枠をならべました。


積立NISA
 積立NISA
予定では2018年から20年間の各年に年間40万円が20年間投資できる枠があたえられるはず。
最終年の2037年は投資期限が2056年になるのでよいのかな。このあたり不明ですが、現行NISA同様に考えるとこんな感じ。

さて、2018年から数年間は、現行NISAと積立NISAが併存します。
そして選択制になるようなので、どちらを選択するか考えます。

現行NISAを期限まで利用してから、積立NISAに移行
現行NISA優先 
最下段の金額はそれぞれの年のNISA枠の合計、一番右下は各年のNISA枠の合計・・・17000万円・年ですね。

積立NISA開始次第、積立NISAに移行
積立NISA優先 
一番右下は各年のNISA枠の合計・・・18200万円・年ですね。


各年のNISA枠推移をグラフにするとこれ
NISA比較
積立NISA開始当初は年間投資枠が少ない分、積立合計額の伸びが少ないです。
その後、6年経つと投資可能期間が5年間から20年間に伸びた分合計額が盛り返しますね。

積立NISAの仕組みはコレで合ってるのかな。
注意)積立NISAの詳細は決まってもいないですし、私の理解も正しい保証はないので、あしからず。

積立NISA枠への早期移行がお得なようですね。
ところで、NISAの最終投資年が2056年とは、40年後ですね。。。ん?すでに取り崩し開始してるような気が。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。