サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記  >  証券会社 >  【悲報】マネックス証券 マネックスポイント改悪に絶望した
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悲報】マネックス証券 マネックスポイント改悪に絶望した

早速、マネックスポイントの改悪がきたーーー。
もう予想通りですね。絶望です。悪夢です。

ニッセイの投資信託である<購入・換金手数料なし>シリーズがポイント対象外になってしまいます。

※以下は、マネックスポイント付与の対象外です
【投資信託保有時】
・ MRF、MMF、外貨建てMMF
・ ニッセイ日経225インデックスファンド
・ eMAXISシリーズ(三菱UFJ国際投信)
・ <購入・換金手数料なし>シリーズ(ニッセイアセット)
(2015年12月1日よりマネックスポイント付与の対象外となります。)


これでマネックスへの移管は候補から外れました。
残るは楽天証券だけですね。果たして楽天証券は継続するでしょうか。

比較的負担が低い(0.048%/年)のと、4大ネット証券で唯一の投資信託の優位性なので
その他サービスでの差別化の余地が少ないことを考えると、楽天証券は継続して一人勝ちに突き進むことも考えられますね。

楽天証券も対象外にしたら、純粋に使い勝手だけで選ぶことになりますね。それならSBI証券のままでいいかなと考えてます。
年末にかけてのインデックス投信とネット証券の動きを見つつ、今後の方針を考えようかなと思います。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。