サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  雑記  >  投資 >  【読書】ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016
PR

【読書】ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016 を読みました。

カラクリと題名に書いてありますが、現在の投資税制および来年の改正内容について書いてありとても参考になりました。
一般的に、投資のコストである売買手数料、信託報酬、税金といったものを如何に抑えるかという一般論は良く耳にしています。
その税金に対する最新の実情と対応方法をわかりやすく記載されておりました。
この本は、単行本と電子書籍版だと、電子書籍版の方が内容が1.5倍ほどあるようです。
その中には、コストに関する普段なかなか目にしなかった詳細が書いてあります。

株式取引のオファービッドコスト(値段が離散的なので買い注文と売り注文に値差がある)やFXは取引業者にオプションを売っていることに相当するなど、なるほど!と感心する内容が多分に含まれていました。

一般論として、書籍の内容の真偽などは自分で判断する必要がありますが、なかなか内容が豊富で読む価値があったと思います。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL