サラリーマン投資日記

インデックス国際分散長期投資の伝説を語るブログです。
サラリーマン投資日記 TOP  >  投資行動報告 >  【証券会社】楽天証券での取引を始めようと思う
PR

【証券会社】楽天証券での取引を始めようと思う

move-1015581_960_720.jpg

ネットでの取引ではSBI証券を利用されている方が多いと思います。
私もその一人でした。
ですが、昨今の投信マイレージ対象外の相次ぐ悲報を含めて対応を決めました。

 参考記事 【悲報】SBI証券 投信マイレージ改悪に絶望した

現在の投資対象は以下です。

日本株式  MAXIS トピックス上場投信
先進国株式 ニッセイ外国株式インデックスファンド
新興国株式 野村 インデックスF・新興国株式

 参考記事 投資状況とSBI証券の投信積立キャンペーン

ニッセイ外国株式インデックスファンドは信託報酬を踏まえて、新規積立分より、たわらに切り替える予定です。

 ニッセイ外国株式インデックスファンド 信託報酬0.24%
 たわらノーロード 先進国株式 信託報酬 0.225%

たわらノーロード 先進国株式のマザーファンドの規模は十分にあるので、たわらノーロード 先進国株式の純資産が順調に積み上がれば来年1月より積立開始します。

MAXIS トピックス上場投信はTOPIXのインデックスファンドの信託報酬より十分に安いことと、新規積立予定がないので保有継続のみです。

野村 インデックスF・新興国株式は三井住友・DC新興国株式インデックスFはまだ純資産が小さく、他に候補がないので保有継続中。

 参考記事 【純資産推移】新興国株式インデックスファンド だれか寡占市場のこのアセットに競争を仕掛けてくれ(´・ω・`)

たわらノーロード 先進国株式の新規積立は、投信マイレージ対象外のSBI証券ではなく、ポイント対象となる楽天証券にて購入開始予定です。

楽天証券は日経新聞記事が無料で読めるという理由と楽天銀行のマネーブリッジのために一般口座を保有していました。
(取引はしていなかった)
先週末に特定口座の開設申込みをしたので、年内に特定口座が開設出来る予定です。

NISA口座もSBI証券より楽天証券に移動する予定です。
楽天証券でのNISA開設キャンペーンが12月30日で終わるので、来年に再度開催されれば、その機会に移動する予定です。
 
 楽天HP NISA口座開設で投資信託を2,000円分プレゼント!

SBI証券で積立済みのニッセイ外国株式インデックスファンドは移管キャンペーンがあれば、楽天証券に移管をしたいです。
キャンペーンがなければ、移管手数料3240円をポイントでカバーすることを見込んで移管するかを、もう少し検討します。

 過去の楽天証券の移管キャンペーン 投資信託ご移管キャンペーン!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL